FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/12/29

アカシアポリフェノールで下がりにくく苦労している空腹時血糖値、ヘモグロビンA1Cを下げる

脅威の改善力をもつアカシアポリフェノールパワー

高血糖の行き先

手足が腐って切断を余儀なくされる…。網膜が損傷して失明する…。腎臓が悲鳴をあげ、処理しきれなかった毒素が全身をめぐり生命を危うくする… 。

糖尿病が進むと、行きつく先は悲劇のみ。ほとんどの場合は生活習慣の改善で予防できるので、健康診断などで高血糖を指摘されたら、すぐにでも対策しましょう。

糖尿病はインスリンに反応しないから

糖とは文字通り、血中を流れる糖のこと。

私たちが生きていくために必要なエネルギー源です。食事をすると一時的に血糖が増えて、血糖値が上がります。するとインスリンというホルモンが、身体を動かすガソリンとして血糖を消費します。こうした身体の仕組みは、ご先祖様が食うや食わずの暮らしをするなかで出来あがりました。

しかし皮肉なことに、飽食の現代には弊害が発生したのです。糖質の多い現代食。過剰に糖質を摂り続けていると、インスリンが常に働き、身体はそれに惰れてインスリンに反応しなくなります。すると血液は消費されなかった血糖でべトベトになり、脳、網膜、腎臓などあらゆる臓器にダメージが…。

糖尿病とは、砂糖を入れ過ぎたドロドロのコーヒーが全身の血管に充満した状態と考えれば分かりやすいでしょう。

糖尿病改善で大切なポイントは空腹時血糖値

糖尿病の予防・改善に必要なのは、まず糖質を控えること。糖の吸収を抑える食物繊維の多い野菜を摂るのもよいでしょう。

皆さんご存知のスーパーやコンビニなどで見かける「糖の吸収を穏やかにする」ドリンク。あれも基本的には食物繊維の糖の吸収抑制作用を期待したものです。

ただし「糖の吸収抑制」は、あくまで悪化を防ぐ手立て。インスリンに反応しにくくなった身体を改善するわけではありません。実は、ヘモグロビンA1Cが下がらず悩んでいるなら「食後の血糖値上昇抑制」よりも「空腹時の血糖値低下」が肝心。空腹時の血糖値こそが、インスリンがきちんと働いているかどうかを測る目安なのです。

糖尿病対策にアカシアポリフェノール

そこで、近年の研究で注目されているのが、アカシアの樹皮から抽出された天然成分「アカシアポリフェノール」です。

アカシアポリフェノールはインスリンに反応しにくくなった身体を改善し、空腹時の血糖値を下げることが判明しています。高血糖を招く根本原因を解消するので、l時的な血糖値だけでなくヘモグロビンA1Cの低下も期待できます。血糖対策に悩む方にとって、待望の切り札の登場と言えるでしょう。

カテキンの6倍もの抗酸化力で血糖値、ヘモグロビンA1Cを下げる「アカシアポリフェノール」

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。