2017/03/11

レーズンを使い切る

レーズンは糖分が多いので砂糖の代用品として使う

レーズンは、ケーキやクッキーを焼くときによく使いますよね。それ以外の使い道として一般的なのは、ドライカレーのトッピングでしょうか。市販のレーズンは1袋に大体200~250g入っていることが多いのですが、ケーキに使うとしてもせいぜい50~100g。1 袋の半分使えばいいほうです。

クッキーやドライカレーの場合はもっと少ないので、使い切るのは至難のワザ。レーズンは使わずに放っておくと、表面に糖分が浮いてきて、白く粉を吹いた状態になってしまいます。

こうなると味も落ちるし、見た目も悪くなってしまいます。なるべくよい状態で保存したいなら、パッケージごと密封容器に入れて冷蔵庫で保管します。容器の中には乾燥剤を入れるといいでしょう。わざわざ買ってこなくても、おせんべいなどに入っている乾燥剤を再利用すれば十分。乾燥剤がない場合、レーズンをチャック付き保存袋に移して冷凍保存することもできます。

レーズンは糖分が多いので、お砂糖代わりに料理に使うとよいでしょう。余ったレーズンを、あらかじめペースト状にしておくと使いやすいですよ。

作り方は鍋にレーズンを入れ、ひたひたに水を加えてから、やわらかくなるまで煮込みます。水分がなくなったら、ミキサーでペースト状にします。このペーストがお砂糖代わりになります。

料理に使う場合は、いつも使うお砂糖の量よりも、少し多めに入れるのがポイントです。また、そのままソースとしても使えます。

お肉の煮込みにかけるのもいいでしょう。ほかに、ラムレーズンにしておくのもオススメです。水分が吸われて、やわらかくなるまでラム酒にひたひたに漬けておくだけ。出来上がったラムレーズンをバニラアイスクリームに混ぜると、大人向けの上品なアイスになります。
さらに、細かく刻めば、ラムレーズンもお砂糖代わりに使えますから、よく紅茶に入れるのもおすすめです。ほのかな甘味にレーズンとラムの香りがマッチして、気分が癒やされるのでオススメです。

その他の食材を使い切る方法はこちら。

コメント

非公開コメント