--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/03/11

ライスペーパーを使い切る

余ってしまったら即席ピザの生地やフォーの麺の代用ができる

生春巻きを作るときに、なくてはならない食材です。ふつうは袋入りで売っていますが、袋に入っている枚数が多いので、必ずといっていいほど余ってしまう食材でもあります。

一度に使い切れないにもかかわらず、案外、長持ちしないので、ほかの使い方が浮かばないまま捨ててしまう人も多いようです。でもライスペーパーは、米粉を薄いシートにして乾燥させたものですから、生春巻き以外にも結構アレンジしやすいんです。

簡単な使い道がたくさんあるんですよ。まずは、即席ピザ。クッキングシートに、水で戻したライスペーパーをのせて、その上にピザソースを塗ります。そこにお好みの具とチーズをのせて、オーブンまたはフライパンで、チーズが溶けるまで焼きます。これだけで出来上がり。
パリパリした食感が楽しめて、手軽なスナックになります。

その他の食材を使い切る方法はこちら。

また、麺の代わりにもなります。ライスペーパー2 ~3 枚を水で戻して7 ~8 mm幅に切ってから井に入れます。あとは上から温かいスープをかけるだけ。スープの味はお好みで試してみてください。

鶏ガラスープの素をベースにして作るんですが、ナンプラー、レモン汁、バクチーを加えると、ベトナム料理のフォーとそっくりになります。フォーの麺は原料が米なので、ライスペーパーで代用できるといぅゎけです。ライスペーパーを水で戻さずに、そのままパリパリ割って、上からスープをかけて調味すると、ワンタン且の食感になります。さらに、お子さんが喜ぶ「大きな舵手」もご紹介します。クッキングシートにライスペーパーをのせて、その上に、端から1 Cm内側まで鮫子の具を置きます。そして上からもう1枚、ライスペーパーを重ねて、端の部分に水をつけて軽く合わせましょぅ。フライパンにクッキングシートごと置き、シートの下に水を50 加入れて蓋をして、弱めの中火で6〜7分焼きます。両面焼いたら出来上がりです。残り物のカレーを使ったカレーパンも作れます。水で戻したライスペーパーでカレーのなるべく具の部分を包み、小麦粉、卵、パン粉をつけて抽で揚げます。ライスペーパーを2枚重ねにすると衣が厚くなつて、モチモチした食感になりますよ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。