2017/03/11

麩を使い切る

汁物に入れるだけじゃない!ふっくらさせたい料理にすごく便利な良質な食材

味噌汁やお吸い物、うどんなどの汁物の具として、とてもポピュラーな食材ですから、汁物が好きな方なら、すぐに使い切ってしまうでしょう。

でも、汁物をあまり作らない方は、1 回使ったら引き出しの奥にしまい込んでしまい、賞味期限切れを迎えてしまうこともあるのでは?

使い切れるかどうか、個人差のとても大きい食材なのかもしれません。麩は水を吸いやすいので、湿度があると風味が落ちてしまいます。パッケージを開封したら缶などに移し変えて、乾燥剤と一緒に密封して、冷暗所で保存するようにしましょう。

水を吸う性質は、保存するときにはマイナスかもしれません。でも、この性質を逆手にとれば、いろいろな料理に応用できるのです。麩は小麦粉からできていて、汁気を吸って膨らむ性質があります。
ですから、なにかふっくらさせたい料理に加えるのがベスト。たとえば、細かく砕いた麩をパン粉の代わりにして、ハンバーグのつなぎに使ってみましょう。
ふつうのハンバーグよりも、ふんわりとした食感に仕上がります。また、砕いた麩を餃子の具に少し混ぜるのもオススメです。食感がよくなるだけでなく、肉の旨味が塞に染み込んでジューシーになります。

もともとは小麦粉ですから、実はお菓子作りにも使えます。溶かしたバターに麩をからめて、なじんだら、お好みの量のグラニュー 糖を加えて混ぜ合わせます。適度なサイズに分けて、クッキングシートを敷いた天板に並べたら、150~160度のオーブンで15~20分焼くだけ。
サクッと軽い、クッキー風の焼き麩菓子が出来上がります。焼く前にお好みで、シナモンなどを振りかけるのもいいでしょう。麩はとても消化がよく、タンパク質も豊富に含まれている良質な食材です。
使い勝手がいいので、煮物やデザート、妙め物や揚げ物など、アイデア次第で何にでも使えます。汁物を作らないからといって使わないのは、もったいないですよ。いろいろチャレンジしてみましょう。

麩で作れるスペシャルススイーツ


ガトーショコラ

  1. チョコレートを湯煎で溶かし、溶けたらオリーブオイルを加えて混ぜ合わせます。
  2. 次に、卵黄をひとつずつ加えて混ぜ合わせ、そこに三温糖を入れます。
  3. 泡立てた卵白に、細かく砕いた麩を混ぜ合わせます。2に3をを加えて混ぜ合わせ、型に流し入れて、180度のオープンで30~35分焼いたら出来上がりです。


その他の食材を使い切る方法はこちら。

コメント

非公開コメント