2015/01/28

生菌酵母の効果「スパーライフ 生きてる酵母」

腸内環境の整備や血糖値の抑制、免疫力強化などが期待できる成分として注目されている酵母菌。その酵母菌を「生きたまま」腸に届ける「生きてる酵母」の効果についてです。

人間の健康の基礎は腸にあります。腸がダメージを受けると栄養分の吸収や老廃物の排泄が困難になり、健康な体を維持することができなくなります。腸内環境の改善こそが現代人がこれから取り組む最優先事項であることは多くの医師や専門家たちが口をそろえます。



 

「スパーライフ 生きてる酵母」は、パン酵母の一種を培養し、独自の技術で生菌のまま固定乾虐させたもの。

『スパーフィフ』には耐酸性があるため、腸内で生きて働き、腸内環境を改善する作用があります。また免疫力を高める効果へ1タがあるといわれるβグルカン、肝機能の働きを助けるグルタチオン、若返りに良いされる核酸などの有用成分を豊富に含んでいることがわかっているほか、糖質をよく消化すること、抗生物質の影響を受けないことなども大きな特長です。

効能、効果そして作用として
  1. 小腸の基本能力向上
  2. 腸組織の強化
  3. 血液浄化-
があげられます。。「スパーライフ」の作用によって腸内環境を改善することが、便秘や下痢の改善、生活習慣病やアレルギーの治療、ダイエットなどにも、効果的に働くことが期待できます。

酵母は人類が最初に出会った酵母であり、人間は保存食品や発酵食品をつくり、そして酒やパン、漬け物と作ったりと酵母をさまざまなに利用してきたのです。この生きてる酵母を取り入れることで
  • 整腸作用
  • 血糖値の上昇抑制
  • 腸内菌そうの変化
  • 免疫力強化
が期待できます。



コメント

非公開コメント