2015/01/07

注目のファイトケミカルは免疫細胞をパワーアップさせる

2人に1人がガンでなくなる時代に心身にかかるストレスが活性酸素をつくりだし、体内にガン細胞をつくりだしてしまいます。そんなときにどうしたら少しでもガンの進行を食い止められるか?できることならガンを撃退させたい!と思うのは誰もが同じです。

ガン患者の人たちに注目を集めているのが「野草酵素」。現代人の食事の盲点となる食習慣を助けるすばらしい商品です。美容に関心の高い女性が美しい体を維持するためにこうした酵素を毎日摂る習慣もガン患者が酵素をとってガン細胞の勢いをとめようとするのも根底は同じなんだと思います。

「ファイトケミカル」は、野菜に多く含まれる植物性栄兼素。植物が強い紫外線や害虫などから身を守るために作り出した色や香り、苦みなどの成分で、よく耳にするポリフェノールやカロテンもその仲間でもこれらをとりつづけることによって、免疫力が高まり、病気を予防できることがわかってきました。

ここでは、そのファイトケミカル豊富な野菜を紹介します。ファイトケミカルは加熱してもじっくり煮ることによって有効成分を無駄なくとることができます。

風邪ぎみのときや、おなかの調子のよくないときにもおすすめ。毎日の食事に取り入れて、健康維持や病気の予防に役立てましょう。

ファイトケミカルは、さまざまな働きで「免疫細胞=白血球」を元気にします。
  • 免疫細胞活性化成分
    私たちの健康を脅かす敵と闘ってくれる免疫細胞は、毎日の食事によってサポートされています。きのこ類のβグルカン、にんにくやねぎ類のイオウ化合物、キャベツなどのイソチオシアネート、バナナのオイゲノールなどは、免疫細胞の数を増やしたり、働きを活性化するファイトケミカルです。
  • 抗酸化成分
    体内で発生した活性酸素は、細胞を酸化させて傷つけることで、がん化を促進したり、免疫細胞自体をパワーダウンさせる免疫の敢。ビタミンC ・E などの抗酸化ビタミンのほか、ファイトケミカルの各種ポリフェノールにも強力な抗酸化作用があり、免疫細胞を応援します。
  • 発がん抑制成分
    免疫細胞の一部は、体内に発生するがん細胞を除去するために毎日闘っていますが、ファイトケミカルのなかにも発がん物質を無害化する酵素を活性化するものがあり、がん予防をサポートしています。にんにくやねぎ類のイオウ化合物、キャベツなどのイソチオシアネートなどがこれにあたります。





コメント

非公開コメント