--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/16

アーモンド

  • ビタミンEによる抗酸化作用でがんを防ぐ
  • 種皮にも、抗酸化成分のファイトケミカルを含有
  • 豊富な食物繊維で腸から免疫力をサポート
おいしい料理やお菓子の名わき役、アーモンド。ナッツ類のなかでも、とくにビタミンEを多く含むことで知られています。

ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞膜を畢張って活性酸素を撃退し、細胞を酸化から守るほか、免疫細胞の活性化を助ける働きもあります。また、20粒(約25g )で玄米ご飯1膳半(約185g)ほどに相当する量の食物繊維を含み、便通を促して腸内をきれいに保つ作用も。
気になるカロリーですが、20 粒で約150kcalと案外低め。しかも脂肪分はオレイン酸が約70% を占め、心臓病のリスクを低くするほか、体に吸収されにくいとの説もあります。免疫力アップ食材として、もっと利用したいですね。

ひとエ夫して、料理に使おう

ヘルシーなおやつにぴったりのアーモンドですが、料理にもどんどん活躍させましょう。砕いて料理の仕上げに散らすだけでなく、お菓子用のアーモンドパウダーをカレーやスープに加えてとろみをつけたり、スライスやダイス( 角切り)を揚げもののころもに利用しても。

長期保存は冷凍庫で

酸化による劣化を防ぐため、密封容器に入れて冷暗所へ。封を切ったら2 週間ほどで食べ切りましょう。長期保存なら冷凍を。使いたいときには、冷凍庫から出してすぐに食べられる状態なので便利です。

ヘルシーなおやつにおすすめ

ビタミンEを豊富に含むアーモンドをはじめ、ピーナッツ、くるみなどのナッツ類と、食物繊維がたっぷりのドライフルーツをミックスして、オフィスやキッチンに常備。間食するなら、スナック菓子や甘いお菓子よりもこちらがおすすめです。

マルチビタミンを活用して免疫力をアップさせる


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。