--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/22

自宅に常備したい薬膳

紅棗(ベニナツメ)…温/甘

「1日3粒の棗を食べれば老いがあらわれない」といわれる棗。とくに血が不足しがちな女性には欠かせない食材です。顔色が悪い、疲れやすい、寝付かれないなどの症状を根本から改善します。
紅棗(ベニナツメ)

枸杞子(くこし)…平/甘

穏やかな滋養強壮作用のあるクコの実は、不老長寿の代表的な生薬。目の疲れ、肝臓の強化、血圧安定などさまざまな効果があります。お茶やスープや炒め物など毎日の食に取り入れたい。
枸杞子(くこし)

陳皮(ちんぴ)…温/辛、苦

乾燥したミカンの皮を橘皮、その古いものを陳皮といいます。食欲不振には料理に陳皮を散らすだけでも食欲がわき、胃腸の働きが良くなります。気巡り効果もあるのでスパイスとして活用するのがおすすめ。
陳皮(ちんぴ)

紅花(べにばな)…温/辛

音から婦人病の特効薬として知られる紅花には、からだを温め、滞った悪い血を浄化する作用があります。冷え性、貧血、生理痛や更年期障害が気になる人には紅花酒や紅花茶がおすすめ。
紅花(べにばな)

緑豆(りょくとう)…涼/甘

春雨の原料となる緑豆。皮には解毒作用があり、昔から毒出しに使われてきました。
清熱・利水作用があり夏ばて予防、むくみ解消などい。小豆と同じ使い方でよい。
緑豆(りょくとう)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。