--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/07

甘いモノの食べ方

甘党の人にとってつらいのが、甘いものの誘惑です。甘いものはどこにでもあります。知りあいの家に行けばお茶菓子が出され、海外旅行のお土産といって甘いチョコレートをもらうこともしばしば。これをいっさい口にしないというのは、つきあいのうえでも難しいですし、もともと甘いものが好きなのだから、長続きしません。それどころか、反動でドカ食いをして、ダイエット開始前より太ってしまうことにもなりかねません。長期的にダイエットをするのなら、むやみに排除するより、上手に食べるほうがいいでしょう。

少しでもいいから甘いものが食べたいというときは、50~80kcal分を甘いものでとるようにしましょう。その分は夕食から引くようにしてください。できればティータイムか食後のデザートとして食べてください。お腹がすいているときだと、少しぐらいでは満足できません。食後でお腹が一杯のときなら少量でも満足できます。また、夕食後ではなく、朝食後か昼食後に食べるようにしましょう。昼間なら活動する時間帯なので消費しやすいからです。ティータイムにおいしいお茶と一緒に少量の甘味を楽しんでも。

甘いもののなかでもケーキはとくに高カロリー。一見カロリーが低そうなレアチーズケーキも260kcal。ショートケーキなら30~350kcalもあります。一方、和菓子は比較的低カロリーです。たとえば、大福もち(小) は1個160kcalー。水羊かんは一切れ120kcalです。しかも、ケーキと違って脂肪分が少ないので、ダイエット向きです。

甘いお菓子には気をつかっていても、果物にはなぜか寛容になってしまいがち。なかには、野菜が嫌いなのでかわりに果物を食べて栄養をとろうとする人もいます。しかし、ビタミンやミネラルなどの含有量をみても、果物を野菜がわりにするのは感心しません。最近の果物は糖度が増して甘くなっているので、毎食後のデザートにフルーツをとっているとこれが原因で太ることもあります。1日に何個も食べてしまいがちなみかんも1個30kcalです。果物からとるエネルギー量は一日100kcalくらいにしたいものです。

ダイエットの友として、カロリー控えめの甘味料がいろいろ市販されています。虫歯になりにくい糖分は、カップリングシュガーやパラチノースなどでつくられたキャンディーは虫歯になりにくいのが特長です。ただし、エネルギー土はどちらも砂糖とほぼ同じ。虫歯にならないことと太らないことは一緒ではありません。代表的なものをご紹介しましょう。

オリゴ糖
腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増殖させる作用があり、体内で吸収されにくいため、エネルギーになりにくいのが特徴です。

アスパルテーム
2種類のアミノ酸を結合させたもの。甘味は砂糖の20~30倍もあります。熱に弱いので、ケーキなどオープンで焼くものには向きません。

ステビア
南米のキク科の植物が原料。甘味は砂糖の約20 倍でノーカロリー。

グリチルリチン
漢方薬の原料として
使われる甘辛から抽出したもの。甘味は砂糖の約20倍でノーカロリー。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。