--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/02

黒ニンニクの抗酸化作用

ニンニクは、スタミナたっぷrの食材ですが、このニンニクを真っ黒になるまで熟成させた、その名も「黒ニンニク」が人気。においが弱く、フルーツ感覚でつるんと食べられる。サプリメントも充実していて黒にんにくの効能・効果に注目が集まる。
味は、にんにくというより熟成したフルーツのような感じ?といったほうが適切かもしれません。

にんにく特有の臭みがなく女性にも人気。熟成の段階で臭い成分が変質しており、ほとんど臭わない。翌日の口臭も心配なし。胃が弱い、または、生のニンニクで下痢をしやすいという人でも食べられる。

生ニンニクと抗酸化力を比較した実験で、生に比べ10倍以上に強まっているとのデータがある。ヒトの体内の酸化反応を抑えることを示す研究も進んでいる。
まさに女性にはうれしい抗酸化成分がたっぷり。

実際に食べると「体が温まる」「疲れがとれて元気が出る」といった実感をする人が多い。S アリルシステインという成分の作用で、血流が改善する効能である。


発酵する過程で人間にとってよい健康効果がパワーアップするものになる。ヨーグルト、ぬか漬け、味噌、醤油など、発酵食品を積極的に摂取することで健康が維持できる。

黒にんにくの黒色は発酵によるものだが、発酵の方法は生産者による異なるという。

やわたの熟成にんにく卵黄

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。