--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/03

アボガドの効能・効果

良質な油と食物繊維を含むアボガドは、美肌づくり、老化予防に欠かせない成分をたっぷり含む食品。美容の専門科からは、「食べる美容液」と呼ばれるほどのアボガド。解毒力もあり、便秘やくみを改善する。
ダイエットにも効果的。栄養満点のアボガドの効能・効果に注目!

食物繊維が豊富

食物繊維が豊富に含まれる食品はたくさんあるが、アボガドの含有量はトップクラス。野菜などに多く含まれる不溶性と主にフルーツや豆類に含まれる水溶性、両方の食物繊維がしっかり摂れる。お通じにも抜群の効果。繊維が多い割にはなめらかで食べやすいのも人気の理由。

グルタチオンが解毒力をアップ

アボガドに多いペプチドのグルタチオンには、解毒作用や抗酸化作用がある。グルタチオンはもともと人間の体内で産生されるが、加齢やストレスで減少するため積極的にとりたい。

オレイン酸が豊富


果肉の2割が脂質になるが、その多くは、不飽和脂肪酸のオレイン酸。悪玉コレステロールを減らし、美肌づくりに役立つ良質な油。オリーブオイルに似た成分で、カロリーは30%ほど少ない。バターに比べると48%も少ない。

ちょっとオシャレな料理のメインに添えられているとテンションが上がってしまう「アボガド」。魚料理にも肉料理にもよくあって果物の中でも栄養価が高く食物繊維の含有量はトップクラス。
アボガドには、便のかさを増やして、便通を促す「不溶性食物繊維」と腸内環境を整えて血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑制する「水溶性食物繊維」の両方が豊富に含まれる。
便秘改善にはかなりの高い効果が期待できる食品です。

また、グルタチオンと呼ばれる強力な解毒成分。肝臓に入った重金属などの度kやアルコールをとらえて排泄する。これにより体の酸化を防ぐこともできる。

過酸化脂質を抑えて疲労を回復することができる。
アボガドの果肉はほとんどが脂質だが、不飽和脂肪酸であるオレイン酸のためコレステロールは含まない。むしろ血中コレステロールを下げる作用もある。

女性の美のためには積極的に取り入れたい食品だ。

以下引用

日本に輸入されているアボカドはハス種と呼ばれる品種で、ゴツゴツした緑色の皮に卵型なのが特徴です。ハス種は脂肪分が多く、ねっとり感があり、どっしりとしたコクが特徴です。メキシコ、ニュージーランド、カリフォルニアから輸入されており、輸入量のうち80%がメキシコ産です。

新ものは、9~10月頃に出回ります。アボカドの油分をオイルコンテンツと言いますが、標準で30%程です。新ものアボカドはオイルコンテンツが 15~20%と、1年の中で最も低く、熟しにくく、青みが強く、若々しい味わいがします。10~6月頃は、オイルコンテンツが標準に戻り、安定した味を楽しめます。7~8月のアボカドは油のりがとてもよく、特にねっとりとした味わいを楽しめます。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。