--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/03

コーヒーの効能・効果

コーヒーを飲むことによるリラックス効果については、大学の農学部の専門科らによって研究報告がある。この報告内容は、コーヒーのリラックス効果をカフェインの心臓自律神経への働きと心拍数の変化によって科学的に証明することから出たものだ。

人間が、夜になると眠くなるのは、副交感神経が優位になるためだ。また、朝、目覚めるのは交感神経が優位になるからである。
この両神経は、人の精神状態の代謝に深く関与している。

コーヒーを飲むとカフェインがこの自律神経に働き、心拍が規則正しくなる。興奮状態でコーヒーを飲めば、飲まない人に比べて早く落ち着いて安定する。
これは、コーヒーの成分や香りが自律神経のバランスを保つように働くためでコーヒーを飲むとくつろいだり、リラックスした気分になる。

また、ある専門家は、カフェインは、中枢神経への作用が強く、精神機能や近く機能を刺激し活性化させる。しかもカフェインの作用は大脳皮質に比べてより生命の根幹にかかわる作用を担う延髄や脳幹鋼様体の働きを高め、これが相まってストレスから生体を防御する働きがコーヒーに認められる。と言っている。

また、ある専門家は、コーヒーのリラクゼーション効果は、飲むことで得られるだけでなく香りだけでも効用があるといっている。
これまでの研究では、コーヒーの香りには、感情表現やコントロールに関わる右大脳半球の血液量を増加させ、その結果、その働きが活性化されることも確認されている。

脳波では、安静時にはリラクゼーション効果、活動時にはその能力を高める働きがあることも確認されています。

ノイローゼなどの治療にも生かせるのでは?と高い期待を寄せている。

安心・安全・無農薬コーヒーはこちら。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。