--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/19

二日酔いにウコンやセサミンは本当に効く?

お酒は大好きでも二日酔いは困る。という若い人が増えているという。今の若い人はあまり、お酒を飲まない…なんていうメディアが結構いますが、あれは、ノンアルコール飲料を売りたいための宣伝だとか…そうでないとか…

まぁそんなことはどうでもいいが、仕事帰りは、赤提灯で一杯が習慣になっているサラリーマンも多い。お酒は、ストレスを発散できるし、コミュニケーションをとる場としても最適だ。
上司が酒のみで毎晩付き合わされて体が大丈夫か?心配になっているサラリーマンも多いという。

最近、cmでもよくみるウコンとセサミンなどの効果、効能は果たして?

ウコンは、肝機能をよくする植物でそのことは、沖縄では古くから知られ肝臓を守る民間療法として利用されてきた。カレーに使われるターメリックや沖縄のウッチン茶も実はウコン。
ウコンについては、専門サイトでも肝機能の強化にウコンといったように肝臓への効能が言われている。

一方、セサミンはごまに含まれる成分で、活性酸素の害を除去する抗酸化作用がある。以前に「ごまはさびない」といったcmが流れていたがその通りである。

アルコールが肝臓で代謝されるとき、活性酸素が生じるので、なるほどと納得できる。

実際、ウコンやセサミンを飲むと、酒をたくさん飲んだ後でも、体に残る事が少ない。朝は、すっきり起きられるという。だからさかんにcmでも流れているのだろう。

確かに効果がアルのは事実だと思われるが、毎日度を越して飲めば、いくら肝機能強化の作用があっても体のほうが音をあげてしまうだろう。

サプリとして発売されているセサミン1粒には、約ごま換算で300個以上になるそうだ。これほど凝縮されたものを毎日飲み続けることで副作用がでないのかはまだ明らかになっていない。
当然、お酒を飲む時だけ肝臓を労るつもりで飲む程度であれば問題は全くないだろう。

過ぎたるは、なお及ばざるが如し
をしっかり判断してほしいところだ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。