--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/18

脳の疲労が肥満を招く

1日に1食、「好きなだけ食べる」というダイエット方法があります。これは、元九州大学健康科学センターの藤野武彦氏が提唱したダイエット方法でもあります。

肥満はストレスによる「脳疲労」が原因で、それを癒すことによって解消するという大脳にスポットを当てたユニークなダイエット法です。
この方法は、「自分にとって嫌いなことはしない」「自分にとって心地いいことだけをする」もので、「健康によいこと」でも「嫌いなこと」はしない!という考え方です。

「健康にあまり好ましくないことでも好きなことは特別禁止しない」ということを原則としています。食生活でも、「健康によい食べ物でも嫌いなものは食べない」「体に悪いものでも好きでたまらないものは禁止しない」「1日1回は健康によいものをの中から好きなモノを選んで楽しく満足するまで食べる」という基本ルールを設けているのがこのダイエット法のミソです。

このため食欲を抑制するストレスからは解放されます。藤野氏のもとでこれを実践した人たちは、ダイエットに成功し、血糖値や血圧の脂質異常が改善したとい報告されています。
ただ、実際により通せるかどうかは割とハードルが高く、やり通せないとダイエットは成功しないもの事実です。

頭を洗脳しダイエット

潜在意識に働きかける宝地図ダイエットも女性に人気のダイエット法です。たとえば、「sサイズの洋服を着られるようになりたい!」という希望や「痩せて美しくなってありがとう」といった夢や願望が実現したという仮説に立って過去形で感謝の言葉を書いて壁やボードに貼ります。

また、お腹を目一杯へこませた状態を写真に撮り、その写真もボードに貼ります。それを毎日見ることによってダイエットができた自分の理想のシルエットをイメージし、それが脳にインプットされます。

いくた強い意志で食べる量を減らそうとしても、脳が変わらない限りダイエットは成功市内のです。
それがこの地図を見ることで潜在意識に語りかけ、やせる脳にすることができるというのが、このダイエット法のエッセンスです。

脳が食べたいと思っているのに、無理に食事を制限するから必ずリバウンドして、結局失敗する。このダイエット法はいつまでたっても成功しないのです。

自分の脳を洗脳できれば、スムーズに食欲を抑制し、ダイエットも成功するのです。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。