2011/07/12

ダイエットサプリを間違えるな!

成分チェックが重要


汗をかいてダイエットをしようと思ってサウナやヨガなどでしっかり汗をかいて、その後に体重計に乗ると500g~1kg体重が軽くなっていることは結構ある。汗をかいて体の余計な水分が排出されたからである。
しかし、このあとにたくさんのビールをお腹いっぱい飲んだりしたらすぐに元にもどってしまう。

一般的に「痩せる」というのは、体脂肪を減らすことをさすが、水分を減らせば体重が減ることは事実である。
もちろ、代謝の循環が悪く、体の余分な水分を排出させて結果、体重を減らす、というダイエット方法もある
むくみを減らして代謝アップなどは余分なむくみを減らす健康法だ。

当然、体の水分代謝が悪く、むくみを解消することが目的でダイエットが成功するケースもある。日本人の場合、むくみによる体重増加の悩みを抱えている人は多い。

最初から、体脂肪を減らしたい!という目的のもとにダイエットサプリなどを購入する場合には、注意が必要である。ダイエットサプリの成分を見ると、下剤、利尿剤といったものと同様のものが含まれるケースが多々ある。

体脂肪を減らしたい場合には、脂肪を燃焼させなくてはならない。
αリポ酸は代謝アップで脂肪が燃焼しやすくなる効果があるが、こういった脂肪燃焼効果のあるサプリや健康食品を選ばないとダイエット効果は皆無といっていい。
基礎代謝を高めるために補助的にサプリや健康食品を使うのは効果があるかもしれないが、過剰摂取は、人の体に悪影響を与えてしまうことも事実。
そういったサプリをやめてしまうと、あっという間にリバウンドする場合もある。

体脂肪を減らすためには、やはり運動が一番になる。毎日少しずつ、あまり力まずにやるのが一番いいのかもしれない。
毎日、TVを見ているとき、食事をするときにバランスボールの上に座る。なんていうのは脂肪を燃焼させることができる。




コメント

非公開コメント