2011/02/13

酒類の安全性と選び方

原材料をよくみる。酒の種類がポイント。
お酒で気になる物質はイン遺伝子組み換え作物です。原材料では、ビールのコーンやスターチ、日本酒の醸造用アルコールで使われるコーンやじゃがいも、ウィスキーのグレーンなどがあげられます。

酒類の選び方
疑わしい原材料が入っていない物を選びます。ビールは原材料が麦芽、ホップのみのもの。日本酒は醸造用アルコールを使わない純米酒。ウィスキーではグレーンを使わないモルトウィスキーがよいでしょう。
ワインには添加物使用が定番です。保存料のソルビン酸kは不安ですが、酸化防止剤の亜硫酸塩は100年以上使われてきた実績がありますので安心です。お酒の飲み過ぎを気をつけるのを忘れてはいけません。

チェックポイント(まとめ)
  • 遺伝子組み換えの原材料に気をつける
  • 飲み過ぎに注意

コメント

非公開コメント