--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/11

機能性飲料水の安全性と選び方

栄養分のほかにもに、保存料や添加物に注意
体への安全性が不透明な添加物が入っているものが多くあります。プロピレングリコール、安息香酸Naやパラベンなどが不安物質です。カフェインやアルコールの量にも注意したほうがいいでしょう。

機能性飲料水の選び方

実際の栄養分の含有量は、商品によって大きな差があります。鉄分の場合だと、多いものと少ないものとでは、濃度に200倍もの開きがあります。栄養素が少ない物は栄養補給の効果はありませんが、多すぎる場合にはかえって有害になる場合があります。
栄養分の量もしっかり確認します。
本来であれば、栄養分というのは、食事で摂取するのが一番好ましい方法です。カフェインやアルコールが入っている場合もあるので、気をつけます。

チェックポイント(まとめ)
  • 安全性が不透明な添加物が入っているものが多い
  • 栄養の含有量を計算して必要な分だけ飲む

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。