--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/09

缶コーヒーの安全性と選び方

甘味料の使用が多いため添加物なしならブラックを。
缶コーヒーに使用される甘味料には要注意です。コーヒーのカフェインは摂取しすぎると、空腹時には胃の粘膜を刺激するので注意します。

缶コーヒーの選び方
原材料には、砂糖、牛乳、コーヒーと明記されているものとコーヒー、牛乳、砂糖と書かれている物もあります。原材料は成分が一番多いものから順番に明記されているため、最初にコーヒーと明記されているものを選ぶといいでしょう。添加物の不安をゼロにするには、やはり無糖のブラックコーヒーです。
甘いコーヒーを飲みたければブラックを購入して牛乳やはちみつを入れるといいでしょう。

チェックポイント(まとめ)
  • 原材料名の最初にコーヒーが記されているものを選ぶ
  • ブラックコーヒーであれば、添加物の心配はない

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。