2011/02/06

お茶の安全性を高める

二煎目からのお茶には農薬の心配が激減
お茶は健康的な飲み物として世界中で親しまれている健康品。茶葉には栽培するときに使った殺菌剤などの農薬やダイオキシンが付着している可能性が。缶入りのお茶はそのまま栽培されている可能性も。

安全性を高めるお茶の飲み方
一番は、無添加、無農薬を選ぶことですが、かかでも有機栽培のものは3年以上化学肥料や合成農薬が使用されていない土地のみに認定されますから、安心です。
もし不安なら、最初に注いだお湯はおそのまま捨てます。二煎目からは不安物質がぐんと減ったお茶になります。緑茶が持つカテキン類には発ガンを抑え、血中コレステロールや血圧の上昇を抑える効果があります。また、老化防止効果については、ビタミンEの20倍とも言われています。
農薬には細心の注意を払い健康のためにお茶を飲みましょう。

チェックポイント(まとめ)
  • お茶は無添加、無農薬
  • 不安物質が溶ける一煎目<は捨てる/li>



コメント

非公開コメント