--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/04

焼き肉のたれの選び方|加工食品の安全性を高める

原材料に「ビーフブイヨン」「アミノ酸」があれば避ける
調味料「アミノ酸」には注意する。アミノ酸系の調味料の主体である「グルタミン酸Na」は植物油などと一緒になると熱を加えられる際に発ガン物質をつくりだす。ビーフブイヨンなどの加工材料は、製造過程でBSEの不安がある脊髄などが混入する可能性が。

焼き肉のたれの選び方
原材料に「ビーフブイヨン」「アミノ酸」が使用されている場合は避けます。BSEの不安がある原材料は熱処理を加えても効果がないからです。
不安原材料を使わない商品、無添加商品を選びます。

焼き肉のたれの下ごしらえの方法
アミノ酸当が入っているたれを使う場合には、たれに肉を漬け込むのではなく焼いた肉をたれにつけて食べるようにします。アミノ酸は直火の高温で熱せられると発ガン性物質をつくり出してしまう危険性があります。外で行うバーベキューなどの時には特に気を使いましょう。

調理方法
通常、フライパンでお肉焼く場合に、煙がデルくらい高温にしないかぎり、発ガン性物質がつくりだされることはありません。
ただし、グルタミン酸Naと植物油が一緒になった場合には、あまり高温でなくても発ガン物質が発生しますので注意が必要です。
たれは自家製か無添加を使用します。

チェックポイント(まとめ)
  • アミノ酸、ビーフブイヨン入りを避ける
  • たれは自家製か無添加を

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。