--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/30

マヨネーズの選び方|加工食品の安全性を高める

紅花油など国産品を選べば遺伝子組み換えなどの心配は不要
マヨネーズは、植物油と酢と卵黄を一緒に合わせて乳化状にしたものです。添加物もアミノ酸系調味料ぐらいです。植物油が遺伝子組み換え油脂でないかを確認します。
ノンオイルタイプや半固形状ドレッシングには増粘多糖類などを使っている場合も

マヨネーズの選び方
植物性油脂に紅花油など国産のものを選びます。国内では遺伝子組み換え作物の生産は禁止されているため安心度がぐっとあがります。
マヨネーズは基本的にカロリーが高いため、過食は禁物です。

マヨネーズの安全性をさらに高める方法
マヨネーズを思いっきりかけて食べたいが、油脂分がストレス、という人にはキウイやブロッコリーを刻んだものを混ぜて一緒に食べます。これにより体内での脂肪分解を早めます。
キウイやブロッコリーはデトックス食材として効果が実証されています。
添加物が気になる場合は、青のりをかけて食べるといいでしょう。

マヨネーズが日持ちする不安要素
商品の日持ちをよくするために食用植物性油脂内にある日持ちの悪い不飽和脂肪酸に水素を添加することで、むりやり飽和脂肪酸という日持ちのよいものに換えるとという製油法を用いた商品があります。
この際、トランス脂肪酸と呼ばれるものが生み出され、これが人体に入ると細胞や栄養分を破壊し、はてはガンや成人病まで引き起こします。禁止している国もありまが、日本はまだそこまで規制が行き届いていません。
注意が必要です。

チェックポイント(まとめ)
  • 植物油に遺伝子組み換え作物が使われている可能性が
  • キウイやブロッコリーを混ぜて脂肪を分解
  • トランス脂肪酸がつくられる製法の商品は避ける


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。