2011/01/16

ハム、ベーコンの選び方 |加工食品の安全性を高める

流通されているハム、ベーコンの大部分が添加物入り。食べ方を工夫して安全性を高める
食卓に並ぶ機会が増えたハム、ベーコン。ハムなどは添加物が相当量使われています。なかでも「ソルビン酸K」「亜硝酸園」「亜硝酸K、硝酸K」「コチニール色素」などは発ガン性も指摘されています。
ベーコンは、ハムに比べて添加物の使用量は少なくなっています。

ハム、ベーコンの選び方
最近では、ハム・ベーコンともに化学合成添加bつうを使用しないものもあり、それらを選ぶのが一番です。しかし、価格が高めであったり、流通量がまだまだ少ないのが現状です。
もし、添加物が入っている物を選ぶのであれば「ソルビン酸K」だででも使用していないものを選びましょう。
「ソルビン酸K」は保存料として使用されていますが「亜鉛硝酸」と反応し発ガン性物質をくるようです。
酸化防止剤にビタミンCを使っている物であれば発色剤の害を減らします。

ハム、ベーコンの下ごしらえの方法
リン酸塩や発色剤として使われる亜硝酸塩などの添加物は水溶性です。ハムはそのまま生で食べるのではなく、50度程度のお湯に10秒くらい浸けます。
炒めたり、煮たりする場合には、お湯に1分ほど通せば安全性は高まります。
ベーコンもお湯で15秒ほど湯ぶりします。

調理方法
ハムはキャベツと一緒に食べれば安全性が高まります。キャベツに含まれるβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、食物繊維が添加物の害を最小限にします。
特にカルシウムは体にすばやく吸収されリン酸塩を体から排出します。

チェックポイント(まとめ)
  • ソルビン酸Kが使用されていない食材を選ぶ
  • 湯ぶりして、水溶性の添加物を取り除く
  • キャベツと一緒に食べて、添加物の害を防ぐ


冷蔵庫のハムが水っぽくなる理由

コメント

非公開コメント