--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/02

魚の選び方 |魚の安全性を高める

回遊魚、近海魚、養殖魚…環境の違いが安全の違いに。
魚は主に回遊魚、近海魚、養殖魚の3種類に分類されます。安心な魚の見分け方はこの魚の生活様式の違いがそのまま影響してきます。近海魚は、人間が生みに排出した様々な環境汚染化学物質に影響を受けている可能性があります。
そして養殖魚は病気から守るために餌に加えられた抗菌性物質に心配が残ります。

魚(生食)の選び方
回遊魚は、移動しながら生活する魚です。ですから人間が出した環境汚染化学物質の影響を受けずに育っています。安心な魚を求めるならば、回遊魚を選びます。
JAS法では、生鮮食品の魚介類には漁獲水域、解凍、養殖の表示義務があるので参考にするといいでしょう。
刺身の盛り合わせは加工食品扱いになるため表示義務がないので注意します。

魚(生食)の下ごしらえの方法
近海魚などは汚染が気になりますが、きちんと下ごしらえをすることで安心して食べられます。まずはえらとわたを安全に取り除きます。
えらと内臓にはダイオキシンなどの環境汚染物質がたまりやすくなっています。
次に頭の神経組織には、有機水銀が蓄積している可能性がありますので、頭を落とします。
うろこ取りは抗菌性物質を取り除く効果があります。

チェックポイント(まとめ)
  • 人間が汚染した場所に生息しない回遊魚が中心
  • 頭、えら、わたは汚染されているので取り除く

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。