2010/12/27

豚肉の選び方 |肉の安全性を高める

安全性優先なら産地がはっきりわかる黒豚かSPF豚を選ぶ

豚肉の選び方
豚肉を選ぶ場合は、多少価格が高くても産地がはっきりわかる黒豚かSPF豚がよいでしょう。じっくりと育てる黒豚は安全度がかなり高く、SPF豚は、豚舎を消毒し、滅菌処理した餌で育てられ、抗菌性物質を使う必要がないからです。国産表示の豚肉よりは地名豚肉のほうが安全性が高く輸入物は全般的に汚染の不安を拭えません。


豚肉の下ごしらえの方法
普通の豚肉を安心して食べるには、ゆでてアクを取ったり、下味をつけたりします。薄切り肉は、脂身の部分を取り除いて水からゆでると脂がよく抜け抗菌性物質などを減らすことができます。不安材料はアクになるので、丹念にすくい取ります。下味の漬け汁にも不安物質が溶け出すので、漬け汁は10分ほで取り替え、二度漬けにします。

調理方法
薄切りの豚肉は、ゆでてアクを抜いた後、ほかの調理をしてもよいし、水気をきって野菜と一緒に調理しても食べられます。生姜焼きなどは、下味をつけて調理するのが一番おいしいでしょう。
二度漬けの場合は、最初のつけ汁を水で倍に薄めて味が濃くならないようにします。

チェックポイント(まとめ)
  • 国産表示豚より地名豚肉が安心
  • ゆでる、二度漬けで不安物質を除去
  • 除菌過程のある調理で高い安全性を確保できる


豚肉の安全度を高める方法はこちら。


コメント

非公開コメント