--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/25

牛肉の選び方 |肉の安全性を高める

表示名、部位による選び方で安心度が高まる
牛肉に含まれる不安物質には、ダイオキシン、抗菌性物質、女性ホルモンなどがあります。また、「狂牛病」知られるBSEも忘れては行けません。安全な牛肉を選ぶためには「和牛」「国産牛」「輸入牛」の区別やそれぞれの不安度の違いを把握し十分に注意します。


牛肉の選び方
「和牛」とは、法律で定められた4品種だけを指します。食肉用に飼育されているため、安心度は高くなっています。「国産」だけの表示は食肉用以外の乳牛なども含まれるので安心度は和牛に比べると低くなってしまいます。
国産の中では、地域名で原産地表示があるものを選ぶことが重要です。「輸入牛」を選ぶときは、BSEの危険性に注意が必要です。

牛肉の下ごしらえの方法
不安物質が残っていることが多い脂身は、切り取って使います。煮るときに出るアクは丁寧にすくいます。下味のためにつけ込んだタレやみそなどには不安物質には溶け出していますので、10分ほど漬けたら捨て、二度漬けをします。薄切り、細切り、角切りはお湯で3分ほどてでてから使うと農薬やダイオキシン、抗菌物質を減らすことができます。

BSEの危険性について
肉専用の和牛は、安心といえます。乳牛を含む国産牛の場合、BSE感染の可能性がないとはいえません。輸入牛ではオーストラリア産は安心ですが、アメリカ産には不安が残ります。
部位別で不安なのは内臓です。内臓系の肉は安心の面から考えたら避けるべきです。

チェックポイント(まとめ)
  • 和牛の表示があるものは安心度が高い
  • 使う前に湯通しをして不安物質を減らす
  • BSEの危険がある部位と原産国をチェック


最高級の牛肉なら→松阪牛 霜降りすき焼き用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。