--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/14

生しいたけの選び方、調理法 |農薬の害をより少なく

拭くだけの処理ではなく洗えば不安物質は心配なし
煮物やあぶるなど、おいしい生しいたけですが、林の中や屋内で栽培されるため、もともと雑菌に強い上農薬使用もほとんどなくダイオキシンに汚染されている可能性も低い。このため下ごしらえをしっかりすることで安心して口にできる食材といえます。

しいたけの選び方
手にしたらすぐに裏側を見るようにする。かさの裏側のひだがはっきりしているもので、さらに肉厚なものを選ぶようにします。農薬はほとんど使用していない証拠です。

しいたけの下ごしらえの方法
しいたけは、ペーパータオルなどで拭くだけで十分という人もいますが、やはり洗ってから使ったほうが安心です。まず、ボウルの中に水をため、ためすすぎを2、3回繰り返します。農薬の使用(ほとんど心配ないが)、ダイオキシンなどの汚染の心配はこれでなくなります。

しいたけは栄養満点

しいたけには、ビタミンB1、B2、カリウム、食物繊維を多く含み非常に栄養価が高い食材です。
生しいたけを天日で20分くらい干すとさらに栄養価が増します。

チェックポイント(まとめ)

  • 栽培方法などから考えても不安物質はほぼゼロ
  • 水洗いでわずかな不安物質も解消
  • 栄養価の高い食品である

おいしいしいたけの選び方
カサが大きく、肉厚で開きすぎていないもの。カサの裏のひだがきれいで、白く、ひだの産毛が生えそろい、傷やシミがついていないものを選ぷ。おいしい時期は3 ~5 月、9 ~11 月となる。
キノコの食物繊維キング(干ししいたけ)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。