2010/12/01

ねぎ、もやしの選び方、調理法 |農薬の害をより少なく

茎にツヤのあるもなら薬品類は控え目な証拠
もやしは基本的に屋内栽培なのでダイオキシン等の不安はありませんが、最近は少なくなってきた次亜塩素酸や亜硫酸塩などの漂白剤が使われている場合も。

ねぎ、もやしの選び方
ねぎのポイントは2つ。まず白い部分と緑の部分の境目がくっきりしているもの。さらに先端まで緑色がみずみずしいものを選ぶようにします。
一方、もやしは茎が短くツヤがあり、根に透明感のあるものは、栽培条件がよい証です。薬品類もあまり使用されていないでしょう。また「無漂白」と記載されているものを選びます。

ねぎ、もやしの下ごしらえの方法
ねぎは外側の皮をむき、表面の残留ダイオキシンを除去します。もやしはひげ根を取ること、水にさらすことが大事。栽培時に使用される薬品関係は、根か吸収されるので根に残る残留物を排除します。

調理方法
小口切りや千切りにすることが多いねぎですが、水にさらしてから食べるようにします。もやしはたっぷりの熱湯に塩と酢を入れ、30秒ほどゆでます。これで不安物質は溶け出し安心して食べることができます。

チェックポイント(まとめ)
  • ねぎは皮をむいて不安物質を取り除く
  • もやしは透明なものを選び、ひげ根を取り除く
  • ねぎは水にさらしもやしは熱湯、塩、酢でゆでる


安心、安全な無農薬ねぎ
 長ねぎ★埼玉県 無農薬/300g

 長ねぎ★埼玉県 無農薬/300g

価格:295円(税込、送料別)


コメント

非公開コメント