--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/27

ピーマンの選び方、調理法 |農薬の害をより少なく

ビニールハウス栽培は農薬の大量使用が不安
ピーマンはビニールハウスやビニールトンネルで栽培されることが多く、農薬の使用が多くなりがち。表皮に農薬が残っている可能性が。また、表皮下のクチクラ層にまで農薬が浸透している可能性も。
また、土壌のダイオキシンにも不安要素が。

ピーマンの選び方
ピーマンはビタミンCを多く含んでおり、3つほど食べれば1日のビタミンC摂取量を達成してしまいます。ビタミンCの補給にはベストな野菜です。なるべく、へたが生き生きとしていて皮にツヤとハリがある、見た目にもよいものを選びます。肩が張っていて緑が濃すぎるものはチッソ肥料が多く使われたものなので避けます。

ピーマンの下ごしらえの方法
皮に付着した農薬、ダイオキシンを落とすために、水を流しながらしっかりとこすり洗いをします。ピーマンの場合、すぐに炒める料理が多いのですが、水洗いの後、ゆでる、この一手間を加えます。
30秒ほどであればゆでててもシャキシャキ感は失われません。
ゆでた後は、冷水で冷やします。
この手間をかけることでクチクラ層に残る不安物質をさらに除去できます。

調理方法
炒めることが多い野菜ですが、ゆでることでさらに安心です。特にゆでてそのゆで汁を捨てるゆでこぼしを行うとアクだけでなく不安物質も除去することができます。

チェックポイント(まとめ)
  • ハウス栽培ものは農薬の使用が多い
  • 水を流しながらしっかりとこすり洗い
  • 炒め物でもゆでこぼしを行う


安全、安心の無農薬ピーマン
自然農法 ピーマン 約150g

自然農法 ピーマン 約150g

価格:266円(税込、送料別)


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。