--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/17

玉ねぎの選び方、調理法 |農薬の害をより少なく

たまねぎは、土の中で育つため農薬の不安要素はほとんどなし
可食部分が土中にあるので、農薬の不安はほぼありません。また、たとえダイオキシンに汚染された土壌でつくられた場合も、たまねぎは、その土が付着しやすい表面を食べるわけではないので、それほど神経質にならなくてもいいでしょう。生育条件が整っていたと思われる玉ねぎを選ぶようにします。

ちなみにタマネギは最強の解毒食材と呼ばれ解毒の過程で毒素「捕まえる」「運ぶ」「排出する」「肝臓を元気にする」という全部のステップに効果を発揮します。(ネギもです)

玉ねぎの選び方
ポイントは二つ。表皮にあたる茶褐色の薄皮にツヤがあり、透明感が感じられる物。さらに上部の芽の部分を先細りしてギュッとつまっているものを選ぶようにします。
この2つの条件が揃っていれば生育条件が整っていたと判断していいでしょう。
薄皮の透明感については、スーパーなどに陳列されているたまねぎをよく観察し見る目を養います。

玉ねぎの下ごしらえの方法
茶褐色の薄皮を取れば十分です。玉ねぎの上部と下部、つまり芽の根の部分を浅く切り落とし芽から根の方にかけて剥きます。これで表皮に付着している可能性のある農薬、ダイオキシンの不安はほぼなくなります。

調理方法
薄皮、さらに#f0fad1がかかった1枚をむけば安全です。みじん切りで十分ですが、薄くスライスした玉ねぎに塩を軽くふり、布巾で包み流水で軽くもみ洗い。最後に布巾を絞るようにして軽く水分をとる「さらし玉ねぎ」にすれば、残った不安物質があったとしても、水分とともに絞り出されるので完璧です。

チェックポイント(まとめ)
  • 茶褐色の薄皮にツヤと透明感があるものを選ぶ
  • 薄皮をきとんと剥き取ってから調理
  • 流水で揉み洗いし農薬などを絞りだす


安心安全な無農薬たまねぎ

血圧が高めの人は血圧を下げる効果も!


たまねぎにはデトックス効果が高いことはもう周知のとおりですが、血圧をさげる作用もあるのです。抗酸化物質として知名度が高いのは、ポリフェノールやカロチノイド、ビタミンC・Eなどが知られていますが、注目したいのは、タマネギに多ぐ含まれるケルセチンが強力です。

ケルセチンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持っています。このケルセチンをとることで、食後の血管の内皮機能がどの程度改善するかがポイントです。 タマネギエキスから継続的にとって血管内の酸化ストレスをへらすと、血管内皮機能は元のような状態に回復します。
降圧食/たまねぎで血管をしなやかににもあるようにたまねぎをたくさん摂るといいでしょう。
特に旬の新たまねぎ(3~5月)はたっぷり摂りたいところです。

たまねぎのケルセチンをたっぷり使った「たまねぎ物語」はこちら。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。