--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/29

水虫ケア〔原因・メカニズム・セルフケア・治療〕

水虫と聞くと男性の病気というイメージがありますが実際は女性にも増えている病気のひとつとなっています。夏にむけて足元のオシャレを目一杯楽しむためにも水虫の原因とケアをしっかりしましょう。
■水虫の原因
水虫とは、白癬菌(はくせんきん)というカビの菌による皮膚の感染です。とくに白癬菌(はくせんきん)が引き起こす感染症のうち、足に発症するものを水虫と呼びます。白癬菌(はくせんきん)は高温多湿の場所を好み通気性の悪い靴や汗を吸収しにくい靴下を履いていると足が蒸れて水虫になりやすくなります。
湿気がピークに達する梅雨の時季はケアに気を配ります。

■水虫の症状
角化型
趾間型
小水泡型
とくにかかの部分の角質が厚く、堅くなり乾燥してはがれやすい状態になります。かゆみなどの症状が伴いません。
最も一般的な症状。足の指の間にでき皮膚がふやけて白くなりじゅくじゅくします。悪化すると皮膚が破れただれることも。
主に土踏まずや足裏の縁部分にできます。栗粒ほどの大きさ(2ミリ~3ミリ)の水ぶくれができ、強いかゆみを伴うことも。


水虫のメカニズム
日常生活のどこかで白癬菌(はくせんきん)に接触することで感染→増殖となります。白癬菌(はくせんきん)は「角質層」に寄生するため層の厚い足に発症することが多いのですが、顔や頭になどの部位にも感染することがあります。放置しておくと菌がどんどん増殖し爪の中にまで入り込んでしまうことがあり、これは「爪白癬」と呼ばれ爪が白くなり、形が崩れるなどの症状が見られます。

どんな人がかかりやすいのか?
足は靴をはくことで常に高温多湿です。毎日同じ靴を履くことは禁物です。同じブーツやパンプスを履く場合、水虫にかかりやすくなります。営業などで歩く時間が長い場合も水虫にはかかりやすくなります。

かさかさタイプとじゅくじゅくタイプで使い分ける水虫の薬

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。