2009/12/14

冷えが強くなると痛みが強くなる(生理痛)

冷えは瘀血(おけつ)の直接の原因になる


生理中の冷えは直に「血」の巡りを悪化させ同時に生理痛を悪化させます。冷え性でない人でも生理中は体を温める工夫が必要です。体を冷やさないように意識することが重要となります。

冷えが強い人は早急に対策をたてます。
夏に冷房の中で1日過ごすような人は腰まわりを冷やさないように服そうを心がけ、冷たい飲食も避けます。
漢方薬では「温経湯」など、体を温めながら「血」のめぐりをよくするものを使用します。



体を温めるドリンク 生姜紅茶


冷えとり効果ナンバーワンの食材である「生姜」、お茶の中でも体を温める効果が高い「紅茶」、現代人に不足しているビタミンやミネラルをたっぷり含み、同じく体を温める「黒糖」を組み合わせている。しかも、3種を組み合わせることで、これらが単体で働くよりも、体を温め、冷えをとる作用をよりいっそう高めることができる
生姜紅茶

冷え取り靴下


冷え取り健康法の基本は「頭寒足熱」です。私たちの体は、ストレスや過労、運動不足などで血行が悪くなると、頭に血が上り、下半身に冷えが生じます。

これは、東洋医学でいう陰と陽の気(生命エネルギー)のバランスがくずれた状態で、病気を呼び込みやすいのです。そのバランスを調整するために、下半身を温め、上半身の熟を逃がす工夫(頭寒足熱) が必要になります。
冷え取り靴下の口コミ、使用感、効能・効果一覧

コメント

非公開コメント