2009/10/23

テアニンで若ぼけ防止〔雁がね茶〕

若いのに物忘れがひどい、いわゆる“若ぼけ”症状が見られる人々が増加中。脳の機能を回復するテアニンをたっぷり含んだ雁がね茶を毎日飲んで、脱・若ぼけ。


脳細胞を元気するアミノ酸テアニンで若ぼけ改善
雁がね茶とは、初摘みの玉露の茎茶のこと。収穫直前に日覆いして直射日光を遮ることで、普通の緑茶よりも甘みがぐっと増した雁がね茶ができるのです。
この旨味成分こそが、世界中でも緑茶にしか発見されていないアミノ酸テアニンです。テアニンには血圧上昇を抑え、脳の新陳代謝を活発にして、脳細胞の死滅を抑える作用があります。
これらの脳の働きを回復する機能のおかげで、現在20~50太の人たちの急増中の「若年性痴呆」にも効果を発揮。脳細胞にしっかり届くので、物忘れの防止・改善に役立ちます。1日の摂取量はテアニン5000mg雁がね茶3杯を目安にしましょう。
※雁がね茶は普通の緑茶と比べると、旨味成分のアミノ酸・テアニンをおよそ3倍近く含んでいる。

「うっかり」じゃ済まない若ぼけ、脳が萎縮するメカニズムとは?
若ぼけの原因は、現代人があまりにも脳を使わなくなったからだといわれています。文明が発達して生活が便利になる一方で脳を使う機会は減少の一途をたどっているのです。
スパスパ人間学番組内では「若ぼけの人」と「普通の人」の脳の断面写真を比較したところ、若ぼけの人の脳は全体的に萎縮している傾向がありました。脳が萎縮する、すなわち高齢者の脳と同じ状態になっているということです。そのメカニズムを説明します。
脳を使う機会が減ると、脳の毛細血管に酸素があまり行き渡らなくなってしまいます。それによって血管が収縮し、同時に脳の神経細胞も減少。その結果、いざというときに何かを考えようとしても
、さっぱり頭が働かなくなる「思考停止状態」に陥ってしまうというわけです。
では脳の細胞を活性化して若ぼけを治すためにはどうすればいいのでしょう?答えは簡単。脳に意図的に刺激を与えてあげればいいのです。そこで雁がね茶の登場!雁がね茶にたっぷり含まれる旨味成分・テアニンなら脳細胞にスムーズにたどりつき、脳を活性化して記憶力・集中力をアップしてくれます。

日常のちょっとした行動で脳にどしどし血液を送る
1日3杯の雁がね茶にプラスして脳に十分な血液を流し込む行動を心がけるとときに効果あり!
■ちょっと痛いくらいの伸び
伸びをするときは、少し痛みを感じるくらいまでやりましょう。痛みは脳の広範囲に血液を送るシグナルです。
■ゴルフボールで手のひら刺激
手や足などをこまめに動かすと、脳の血液が活性化します。硬さがあるゴルフボールならぴったり。
■大きな声で朗読する
大きな声を出すと体全体の血流がスムーズになります。
また文字を読むことdえ脳細胞が働くため、効果はバッチリ。
■腹式呼吸をたっぷりと
鼻から息をすってゆっくりと吐きだす腹式呼吸。二酸化炭素には脳の血管を拡張させる効果があり、全身の代謝がよくなります。

コメント

非公開コメント