2009/10/12

カビに負けない体を作る〔水前寺のり〕

子供や高齢者がいる家庭では、とくに気をつけたいカビ被害。部屋の官許うを整えるのはもちろんですが、まずはカビに負けない強い体づくりから!!


淡水育ちの海苔が粘膜を丈夫に鍛える
水前寺のり」は海でなく、淡水で育つ珍しい海苔の一種です。熊本県の江津湖で発見され、江戸時代には高級珍味として徳川家へ献上されてきました。しかし、環境の変化による水質悪化により、現在では食用の水前寺のりがとれるのは世界で唯一、福岡県甘木市の黄金川だけとなっています。
この貴重な水前寺のりの栄養分にカビに負けない強い体を作る秘密が含まれているのですが、まずはその前におうちのカ度ビチェックシートにトライ!!
□物置になっている部屋がある
□洗濯物を室内に干すことが多い
□今年エアコンの中を掃除していない
□押入はめったに開けない
□靴はすぐ下駄箱にしまう
□室内に置物が多い
□半年以上カーテンを洗濯していない

◇0~2個…ひとまず安心
悪影響を与えるカビの心配はほとんどありません。
◇3~5個…要注意
部屋の中にかなり多くのカビが隠れています。子供や高齢者がいる場合にはとくに注意
◇6~7個…もはやカビ部屋
室内はすでにカビの繁殖スペース。家庭の体の不調はカビが原因かもしれません。

目に見えないカビが肌荒れ・ふけの原因に
カビには私たちが普段見かける「目に見えるカビ」のほかに「目に見えないカビ」があるのを知っていますか?
「見えないカビ」は空気中にたくさん飛散しているため、呼吸によって私たちの体内に取り込まれてしまいます。その結果、のどの痛み、鼻水、粘膜の炎症などを引き起こし、さらにはふけやニキビなどの肌荒れ、アレルギーの原因となってしまうことがあります。
病気というほどでもないけれども体調がいまいち…そんなときにはカビの可能性を疑ってみます。

水前寺のりを食べてカビに負けない体を作る
見えないカビを予防するためには、こまめな掃除や喚起でカビの栄養源を絶つこと、そして何より
抵抗力をつけてカビに負けない体をつくることが肝心です。
そこで水前寺のりの出番です。体内に侵入したカビを最初にブロックするのは粘膜ですが、水前寺のり多く含まれる「フィコシアニン」という物質には荒れた粘膜の炎症を抑えてのどの痛み、鼻水の症状を緩和してくれる働きがあります。
さらに「βカロチン」が粘膜の細胞そのものを強化、「OSS」は捕まえたカビを外に追い出してくれる
ガードマンの役割を果たしてくれます。

水前寺のりは、ミネラル豊富な清流でしか育ちません。


水前寺のり板水前寺のり板
販売店:つきぢ 食材亭
価格:¥2,625
osadasoft


コメント

非公開コメント