2016/07/25

インスタントコーヒーのおいしさが倍増する

以前にインスタントコーヒーをおいしくいれる?みたいなタイトルでNHKで番組をやったような気がしたのですが、いまひとつ思い出せなくてむずむずしていたので検索したらすぐにわかりました。
2015年に放送で「ためしてガッテン」でした。

話題になってる方法は、ティースプーン1一杯ほどの水をいれてスプーンの背で練ってから普通にお湯入れるだけで格段においしくなりというものでした。
確かこれって昔は少量のお湯で練ると良いって言われてたんだけど、どうやら水で練ったほうがいいようです。

普段は、朝食では、必ずコーヒーを落として、パンを焼いてヨーグルトを食べるスタイルでもう20年近くになるのですが、仕事の合間に
どうしてもアイデアがひねりだせなくてこまっているときは、とりあえずコーヒーを飲むのでこのおいしいインスタントコーヒーの入れ方がもう半年以上気になっていました。オフィスにもコーヒーメーカーほしいです。
社長室にしかないし。今度、社長に直談判しよう!

インスタントコーヒーの肝臓効果 食材の常識には興味深い内容も発見。
γGTPの数値を下げるというコーヒーの効果は、比較的、飲酒量の多い人にはっきりとみられます。お酒を飲まない人は、コーヒーを飲もうが飲むまいが、数値にはほとんど変化がみられません。
この数値を下げる効果を生み出すのが、コーヒーの中のどの成分なのか、今のところ明確になていません。ただ、アメリカでも、コーヒーを毎日4杯以上飲んでいる人と飲んでいない人では、肝硬変で入院したり死亡したりする率が5倍以上も違うというデータがでています。コーヒーを飲んでいる人のほうが危険性が少ないという結果です。
ただし、コーヒーであれば何でもかまわないというわけではありません。1万人以上の飲酒の男性を対象にした先の調査結果によれば、インスタントコーヒーや、フィルターでろ過するドリップ式がもっともいいとされています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。