2015/04/23

鮮度でビタミンCの含有量が異なる

同じ食品でもビタミンCの含有量は季節によってずいぶん異なります。いかに旬の野菜を食べるかを意識するだけでも摂取できる栄養価に差がでます。

ほうれん草やブロッコリーなどはガン抑制効果も注目されている栄養価の高い野菜ですが、ブロッコリーなどは特に変動が激しく夏のほうれん草のビタミンCは、旬である冬の5分の1程度しか含まれません。

逆に夏が旬のジャガイモやトマト、さやいんげんなどは冬よりも夏のほうがビタミンCが多いのです。

実は、意外にもこうした季節変動の大きい野菜の多くは、旬の時期しか成分表に書かれた値に達していないものが多いのです。

野菜は旬の野菜をできるだけ摂るようにしたほうがいいということです。

旬の野菜を手に入れることが難しい人は、冷凍野菜がおすすめのようです。新鮮な旬の野菜を一気に冷凍保存する技術はますます需要が高まりそうです。

実際、ハウス栽培などは、農家にとっては天候に左右されずにいいのかもしれませんが、栄養価は落ちているのかもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。