2015/02/12

マカデミアナッツの効能、効果

マカダミアナッツはおいしいけれど、「油分が多いから太る」「吹き出物ができやすくなって肌に悪い」とイメージしている人が多いのでは?

実は、マカダミアナッツに含まれる油は不飽和脂肪酸という体にいい油、中でもパルミトレイン酸( POA)が多いのです。POA は人間の皮脂に多く含まれ、皮膚細胞の再生や修復に必要な油。毛並みの美しいことで知られるミンクオイルに特に多いのです。
POAは30 代を過ぎると減ってしまうので、アンチエイジング系の化粧品にはPOAを配合したものもあります。さらに、ビタミンEやエビカテキンなどの抗酸化成分も豊富に含まれています。

また、マカダミアナッツは「ダイエットの敵」というのは間違いです。
マカダミアナッツの実験ではBMIが下がり、また、血中の総コレステロール値やLDL(悪玉コレステロール)値も下がっており、マカダミアナッツを食生活に加えることで生活習慣病のリスクを下げられる可能性があることがわかりました。

また、ハーバード大学で行われた摂取試験でも低脂肪・低カロリー食を食べるグループと、ナッツとオリーブ油を使った低カロリー食を食べるグループに分け、1 年後の体重の変化を比較しました。

その結果、どちらのグループも平均で4.5kg減っていたのですが6ヶ月後の追跡調査では、ナッツとオリーブ油のグループの方が減った体重を維持しやすいことがわかりました。

同じ低カロリー食でも、ナッツやオリーブ油で良質な油をとった方が満足感が得られやすく、ダイエットに成功しやすいのです。

マカダミアナッツにはほかにもさまざまな健康効果が期待できます。例えば、外食が多い人は塩分をとり過ぎてしまいがち。マカダミアナッツには過剰に摂った塩分を細胞や体の外に排出させるカルシウム、カリウム、マグネシウムが豊富。
しかもコレステロールはゼロ。また、不足しがちな食物繊維も100g あたり6.2 gと、納豆とほぼ同じぐらい含まれています。美と健康をキープするためにもマカダミアナッツを食習慣にとりこむといいでしょう。
スポンサーサイト
2015/02/23

春キャベツ「骨の健康を保つビタミンK、コラーゲンの生成に役立つビタミンCがたっぷり」

  • ビタミンK
    ビタミンD とともに骨の健康に不可欠などタミンで凱ビタミンD は腸からのカルシウムの吸収を助仇ビタミンK は吸収されたカルシウムを骨に取り込むのを助けます。「ビタミンKの効果と働き」はこちら。
  • ビタミンC
    体を構成している全たんぱく質のうち約1/3を占めるコラーゲンの生成に欠かせないビタミンです。また、抗酸化作用によって、動脈硬化を予防する働きが期待できます。「体内で合成できないビタミンC」はこちら。

キャベツは、「寒球系キャベツ」と呼ばれる日本の葉の堅いキャベツと、フランスのサクセッションという菓の柔らかいキャベツを掛け合わせたものです。
春キャベツの正式な名前は「新キャベツ」ですが、3 ~5月の春先に多く出回ること、軽やかな香りと甘み、柔らかな食感が春のイメージに合うことから「春キャベツ」という呼び名が定着しました。

寒球系や高冷涼地で夏から秋にかけて収穫される高原キャベツは、ボールのように真ん丸ではなく、やや扁平の球形で、断面を見ると葉どうしが密着しているものが良品です。
しかし、春キャベツはやや縦長のボールのすきまような形が良品の証し。縦長なことで葉と葉の間に隙間ができ、葉が柔らかく育つのです。

形と巻き以外の良品の見分け方を紹介しましょう。まず、重過ぎないこと。春キャベツは、寒球系や高原キャベツのようにずっしりと重いものは収穫が遅くて育ちすぎてしまっていて、苦みやえぐみが強くなっています。

次に外葉、内葉が少し縮れていて、柔らかそうであること。また、内葉の1~2枚目に独特のつやがあり、鮮やかな緑色をしていることも大切です。

収穫後、貯蔵しすぎたキャベツは頭頂部から上半分くらいまでの内葉が白っぽくなってています。白っぽいキャベツは味が落ちているので注意してください。

キャベツは、必要な分だけ外側の葉からはがしながら使っていくと、最後まで鮮度を保つことができます。包丁で切り分けながら使うと切り口から劣化が進みます。切り口をラップで覆っても切り口から葉が盛り上がってきたり、黒ずんできますので、切り分けて使うのは避けるようにしましょう。

甘みがあって柔らかい春キャベツを見分けるには芯の切り口に注目。芯の大きさが500円玉と同じか、500 円玉よりも少し大きいくらいのものがおすすめです。

芯の大きさが適当なものは、芯の育ち具合もちょうどよく、キャベツの高さの半分以下ぐらいになっています。切り口が500円玉よりもひと回り以上大きいものは育ちすぎで、芯も長く伸びていま寸も育ちすぎのキャベツは甘みがなく、苦み、えぐみがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。