2013/10/16

種類が豊富な「トマト」はどうやって選ぶのがいいのだろう?

数ある野菜の中でも種類の多さが際立っているのがトマト。鮮やかな赤色が売り場を華やかにしている。スーパーやデパ地下の野菜売り場をのぞくと、サイズも形も色も変化にとんでいて驚かされる。
トマトというと赤色のイメージが強いが、色は赤、桃、黄の主に3種があり、ミニトマトの中には鮮やかなグリーンやオレンジもある。形も丸型にかぎらず、卵型あり、洋ナシ型あり。あまりに多くてブランド名を覚えられないほどだが、日本国内だけでも100種類以上の品種があり、世界中でみれば8000種類以上。
数え切れないほどの品種が各国に存在していることになる。サラダから煮物、妙め物まで、応用のきくトマトだが、生食用として日本でいちばんポピュラーな品種は「桃太郎」。桃色(ピンク) 系の大玉トマトで、クセのないまろやかな風味が人気の秘密。
小ぶりのフルーツトマトやミニトマトも生食向きで、名前の通りフルーツのような甘みがある。トマトに含まれる「リコピン」という赤い色素には強い抗酸化作用があり、最近は生活習慣病の予防食としても注目の的。

トマトの赤は美肌成分を読むと一層トマトへの関心が高くなってしまう。最近は、1年中、スーパーにもトマトが置いてあるので夏だけでなく冬の間も煮込んでスープにしたり、パスタに入れたりと1年を通して食べることが出来る。
スポンサーサイト
2013/10/22

レモンの効果を存分に!「蜂蜜&しょうが入りレモネード」

レモンの作用


秋~冬にかけては夕方になると急に冷え込んで体も冷たくなってしまいますがこんな寒い日に飲むホットレモネードは格別。
体の中からぽかぽかしてきて、気持ちまでほっこりしてくる。事実、レモンには血管を拡張させて血流を良くする働きがあることをご存じだろうか。なんとレモン果汁を飲むのはもちろん、香りを嗅いだだけでも血流が良くなるというから驚き。
こちらにも
心への作用は、リフレッシュ効果が高いので、興奮したときや気分転換をしたいときにぴったりです。少し興奮気味のときに役立つでしょう。頭をスッキリさせて、集中力や記憶力を高めたいときにも有効です。

体への作用は、血液の流れを促し、高血圧を低下させます。消毒性があるので、発熱を伴った風邪に効果的です。

肌への作用は、古くなった角質を取り去って、くすんだ肌色を生き生きとさせます。また、にきびや吹き出ものをおさえる働きがあります。美白には欠かせないビタミンCですので、肌への効果は期待できます。

注意点は、敏感肌には刺激が強すぎるので、注意が必要です。使用する場合には、量に気をつけたり、キャリアオイルやほかのオイルとブレンドします。

といった記事があります。

レモンの精油を3分間吸入しただけで皮膚温が上昇することがわかっています。レモンに含まれるリモネンという香り成分まっが交感神経の働きを和らげて末梢血管を広げ、血流を改善すると考えられています。

実際、レモンの香りを吸入することで指先の血管幅がどう変化するかを調べた実験がある。この研究によると吸入暗から吸入後は確かに血管が広がることが確認されている。
また、温水と温かいレモン飲料を飲み比べた実験でも、温レモン飲料では温水に比べ、血管幅の拡張が促進されていた。この実験では、レモンの摂取によって快適度が増したことも脳波の変化から確かめられている。
つまり、レモンは飲んでも香りだけでも血流を高めて体を温め、気分まで良くしてくれる。寒い冬はこのレモン効果を大いに活用したいものだ。

また、搾り終わった皮をお風呂に入れれば、一層体が温まります。柚子湯ならぬ「レモン湯」、これも早速、試してみたい。

蜂蜜&しょうが入りレモネードのレシピ

〔1人分〕
  1. 鍋に湯1カップ強、ショウガの薄切り5~6 枚を加えて火にかける。
  2. 沸騰したら弱火にして5分程度煮る。
  3. 耐熱グラスにハチミツ大さじ1を加えて1を注ぎ、ハチミツを溶かす。
  4. レモン汁大さじ1を加えてよく混ぜる。

レモンにショウガをプラスすれば体を温める効果が倍増!ショウガは加熱によって温め効果が高まる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。