2012/04/09

減塩はやっぱり調理の際がポイント

現在、厚生労働省の統計調査による日本の高血圧の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は、780万9000人で、3年前と比べ82万4000人(11.8%)増加しているそうです。加えて、潜在的な高血圧患者を含めると日本の高血圧患者は3000万人以上にのぼると言われています。

和食は、ヘルシーで健康的といわれていますが、実は塩分に関しては、過剰摂取気味になるのがデメリットだとも言われています。確かに醤油や味噌などの伝統的な調味料は使いすぎるとしょっぱくなってしまいます。

なんといって料理の段階に減塩になるよう気づかうのが一番効果的です。

しょうゆや味噌、ケチャップなどの調味料はきちんと軽量して食塩量を把握します。また、だし汁やレモン汁などを加えて薄めれば薄味にならない減塩調味料になります。

こんぶや椎茸、かつお節などからだしをやや濃いめにとると、味にパンチが出て減塩でもおいしくたべることができます。市販のだしは塩分が入っているため、要注意。

下味の食塩はきれいに落とします。魚の下味の塩は水気がでてきたころにふき取るか水洗いします。肉は下味の塩の量を減らします。もみこんだりたたいたりで味をしみこませます。

野菜や果物に含まれるカリウムや水溶性の食物繊維は、体内の余分なナトリウムを排出する効果があるので、積極的にとるようにします。

レモンや酢の酸味、からしやわさびの辛味、にんにくやしょうがなどの香味で味に変化をつけたり、薄味を基本に1品だけ普通の味付けにするなど献立にメリハリをつけます。

普段飲んでいるコーヒーをカンナのはなまる健康茶にかえてみる!
スポンサーサイト
2012/04/13

ツライ乗り物酔いを防ぐアロエ

4月から電車やバスで通勤、通学している人も多いかもしれませんが、「乗り物酔いが不安」という人は意外にも多いのです。
また、旅行なども好きなのに乗り物酔いがイヤで敬遠している人も多いそうです。

もともと乗り物酔いは自律神経の敏感な人に多く起こりやすく耳の奧の平衡感覚をつかさどるところが乗り物の揺れに過度に反応してしまうために起こります。

市販の乗り物酔い止めの薬は、耳の奧の平衡感覚の働きを鈍くすることで乗り物酔いを予防します。平衡感覚をつかさどる部分は、体調の悪いとき、特に胃腸の働きが弱っているときに出やすい症状です。
乗り物酔いを避けるにはまずは胃腸を整えることが大切です。それから思いこみによる精神的なものもかなり影響するので、乗り物に乗る前に大きく深呼吸するなどして自分の気持ちを落ち着けることも大切です。自分自身で「酔う」という暗示をかけないようにしなくてはなりません。大丈夫だという大きな気持ちもとても大切です。

精神的な部分の要因と体調による部分の要因とを両方見ていく必要があるというこです。
その心身共に改善するのによい方法がアロエです。

アロエには、胃腸を整える効果以外にも鎮静作用があり、神経を落ち着かせるため、自己暗示にかかりにくくなるというわけです。

乗り物に乗る前にアロエを数センチ生食しておくと乗り物酔いを防ぐことが出来ます。

確かに自分で長距離の運転をする時にも睡眠不足のときは、体調がよくないことがあるけどあれは、もしかすると乗り物酔いなのかもしれない。
幼い頃は、車に乗ると必ず気持ち悪くなっていたので自律神経が安定していないのかもしれない。

元記事:乗り物酔いの症状に使うアロエの使用方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。