2011/03/28

カップラーメンはどんぶりに移してから食べる

内分泌攪乱作用がある『スチレン』

カップ麺は、非常に種類が増え、値段が安い、保存がきく、手軽につくれる、満腹感があるなどの理由から主食にしている人も多くなりました。
インスタントラーメン同様にカップ麺には、「めん」の食品手か物の問題がありますが、もう一つ忘れてならない問題を抱えています。それは容器です。カップの90%以上は発泡スチロールでできています。発泡スチロールの原料は「スチレン」です。このスチレン分子がふたつくっついた「スチレンダイマー」と3つくっついた「スチレントリマー」には内分泌攪乱作用があります。国立医薬品食品衛生研究所の実験でスチレンが溶け出している実態がはっきりしています。
別の報告では、熱湯を注ぐことによりフタル酸エステルなどの環境ホルモンの溶出が確認されています。ご存知のとおり、環境ホルモンは、油に溶けやすく、めんには油が含まれているので多くのスチレンダイマーやスチレントリマーが溶け出しているではないか?とm言われています。
熱湯で柔らかくなったカップの内側を箸でつつけば危険性はさらに高まります。

ポリエチレンをコーティングしていれば比較的安全

カップめんは、めんの食品添加物の問題と容器の問題を抱えているので、食べ過ぎないようにしなくてはなりません。
どうしても食べたい場合は、発泡スチロールの容器に熱湯を入れることが危険なので、お湯を注ぐ際にお皿やどんぶりに移してからにします。移す容器はプラスチック製でないものにします。
また、発泡スチロール製のカップめんは、通気性がいいのでどんどん酸化していきます。
油揚げの麺は極力避け、ノンフライの「生麺」を選ぶようにしましょう。
カップめんの中には、紙製で害がないといわれるポリエチレンコーティングした容器もたくさんあるのでそれらを購入します。

カップ無しの安全なカップ麺

とても安全で、手軽!カップをはぶいたノンカップ麺です。お手持ちのどんぶりに熱湯を注いで3分でお召し上がりいただけます。

カップをはぶいたノンカップ麺・「カップなしでご麺」ラーメンは、お手持ちのどんぶりに熱湯を注いで3分でお召し上がりいただけます。
麺は岩手県産の小麦粉、内モンゴル産のかんすいを使用して作りました。スープは国内産の原材料を使用し、ねぎは九州産のものを使用しました。
調味料も、合成食品添加物を使用せず、遺伝子組み換え作物由来の原材料は使用していない安全で手軽さ1番の商品です。非常用にも使用できます。

環境ホルモンの面からもカップ麺はそのままお湯を注がないが安全という記事があります。便利なカップ麺で、最近ではカップの素材にもできるだけ安全を意識した製品がでていますが、安全を考えたらひと手間(どんぶりに移す)などが必要です。