2010/05/05

ナノクラスター Geルルド水1200は人の細胞と同じ

ミネラルウォーターがいくら体にいいからといってそのすばらしい栄養素を全てからだが吸収しているのか?
ということになるると別問題だ。
体に水分が足りているところにごくごく飲んでもそれは尿で排泄されるだけのことでもある。
少し高価で購入には少し躊躇してしまうが、、ナノクラスター 少し高価Geルルド水1200の説明は非常に納得できる。

説明文の引用になってしまうが、
人体の70%は水分で出来ています。赤ちゃんの時は、ほぼ100%ナノクラスター水で、しかも、胎児を包む羊水もナノクラスター水といわれています。人が歳を重ねるに従って減少し、30代半ばでは約半分に60歳では、20%近くまで減少しています。それに伴い、老化が始まり、さまざまなトラブルが起きてきます。水道水など、水分子(H2O)集合体が大きく細胞への浸透性が悪い水よりも、水分子の集合体が均一で非常に小さく、浸透性が高いナノクタスター水をしっかりと補うことが大切です。

つまりナノクラスター Geルルド水1200は人の細胞に限りなく近い成分だということがわかる。

いつかこれも健康関連のコラムで現代人はとにかく酸素が不足しているという記事を読んだことがあったが、
現代人の酸素欠乏症を改善する有機ゲルマニウムについてもその効果についてちょっと調べてみた。
ナノクラスター Geルルド水1200は有機ゲルマニウムの含有量もとびぬけている。

●赤血球の流れを正常にし酸性体質、過酸化皮膚体質を改善する
●ガンやウイルスに立ち向かうインターフェロンを誘起する
●疲労、老化原因を排除し細胞に活力をあたえる

こうしてみると、飲用するミネラルウォーターへ少し気遣うだけで健康に及ぼす影響はかなり大きいといえる。
水道水のカルキ臭をかいでいれば、そのまま飲んでしまうことがいかにリスクかもうかがいしれる。

参考サイト:今更聞けないミネラルウォーターの知識

2010/05/05

海洋深層水で便秘解消

「深透水」沖縄久米島の海洋深層水
ミネラルウォーターといっても便秘に効果を発揮するのは、ミネラルが豊富だったり、体に吸収されやすいものになる。

「深透水」は、世界有数の透明度を誇る、美しい沖縄久米島沖の水深612mの海洋から採水された、海洋深層水です。
ミネラルウォーターの目安である硬度は1550で、カルシウムとマグネシウムが豊富。
他国と比較して軟水の多い日本の水にはめずらしい、硬度の高い硬水です。
初めのうち、慣れない人には少し飲みにくいかもしれませんが、身体にはしっかり働きます。
朝の目覚めに一杯飲むとお腹にスムーズに届いて、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。
不足しがちなミネラルをしっかり摂って、すっきりしたお通じを目指しましょう。

ミネラルが不足しているか?足りているのか?を自覚するのは難しいのでやっぱりある程度は摂取することで
充足するのだと思う。