2017/05/19

うなぎと梅干しは一緒に食べてはいけないという迷信

食べ合わせを戒める伝承には、科学的根拠がないものがほとんどです。「うなぎと梅干し」も迷信のひとつ。

うなぎはビタミンA、B1などを豊富に含む滋養強壮、疲労回復効果の高い食品です。また、梅干しに含まれるクエン酸は、胃酸の分あぶら泌をうながし食欲を増進するうえ、うなぎの脂の消化も助けます。

栄養学的には、むしろ好ましい食べ合わせです。

「天ぶらとスイカ」も迷信です。熱い天ぶらと冷したスイカを一緒に摂れば、胃腸に大きな負担がかかると想像されますが、成分的にはまったく支障がありません。

なかには本当に避けたほうがよい食べ合わせもあります。たとえば「キュウリとトマト」は、トマトが豊富に含むビタミンC を、キュウリのアスコルビナーゼという成分が破壊してしまいます。
ただし、アスコルピナーゼの作用は、加熱、酸、酢により失われます。キュウリとトマトをサラダで食べる時は塩を振りかけるより、酢の入ったドレッシングやマヨネーズで和えたほうがいいでしょう。

また、「ニンジンと大根」も、ニンジンに含まれるアスコルビナーゼが大根のビタなますミンCを破壊してしまいます。したがって、スティックサラダで食べるより、膾などにして食べるほうがいいのです。

いっぼう、理想的な食べ合わせも少なくありません。その好例が「生ハムとメロン」。生ハムの多量の塩分(塩化ナトリウム) を、メロンに多いカリウムが調節します。
また、ハムの塩味をメロンの甘みがやわらげます。この食べ合わせは科学的にも、味覚的にもすぐれていると言えます。

「トンカツとキャベツの千切り」も、栄養学的に見て好ましい食べ合わせです。キャベツに含まれる塩素、硫黄は、消化・吸収を促進する成分です。
さらに、キャベツ特有のビタミンU (キャベジン) は、胃酸過多によるむかつきを抑制するので、油っぼいトンカツなどの揚げものの付け合わせに最適です。

「カレーとラッキョウ」「寿司とガリ」「刺身とワサビ」「サンドイッチとピクルス」なども食欲増進、消化促進、殺菌などの観点からすぐれた食べ合わせと言えます。

効果アップの食材食べ合わせはこちら。
スポンサーサイト
2017/05/08

サラダに亜麻に油がベストなのは?

亜麻の種子のことを英語ではフラックス・シードともリンシードともいいます。だから、これを絞ってとった油、つまり亜麻仁油のことは、フラックス・シード・オイルといったり、リンシード・オイルといったりします。

これがサラダ油としてすぐれているのは、オメガ3、オメガ6 比が5/ 3 という理想比だからとして、臨床栄養学の世界的な権威の一人であるアメリカのジョナサン・ライト医学博士はこういっています。

「私はすべての患者に、加熱調理にはオリーブ油を、サラダには亜麻仁油を使うようにすすめています。亜麻仁油がよいのはオメガ3 、オメガ6、オメガ9 の比率が5/ 2 / 2 という理想的な比率になっているからです。

それが現代人のこわれている必須脂肪酸のバランスを正してくれるので、喘息やアトピー性皮膚炎をはじめ、実に多くの疾病の改善につながります。

植物油は豆や種子から脂肪だけを分離してとり出したものだが、人類がこれを多量に使うようになったのはたかだかこの数十年のことです。

とくにわが国ではそれまでは分離した脂肪よりも分離していない植物性脂肪のほうを多くとっていました。魚や野菜や豆や穀物にふくまれている脂肪をとっていて、油のかたちでとる量は今日の何分の1でしかなかったということです。

そういう食生活を何千年とつづけてきたのだから当然、体はそれに適応していたということです。

急に分離した脂肪を多くとりはじめるという突然の変化にはついていけないはずですある調査によれば、豊かな国ほど脂肪の占める割合いが高いことがわかっています。

1962の統計で、このグラフの頂点に立つ最も豊かな国はアメリカだが、そのときすでに平均的なアメリカ人の食事は脂肪で40% のカロリーをとるという内容になっていたのです。

それが心臓病、血管血液疾患、癌、痛風、胆石、成人発病の糖尿病、高血圧、免疫力低下などのリスクを高めているとして、アメリカの政府は脂肪の割合いを30% にまで下げるように勧告したのです。

それを目標に食事を変えるよう国民に呼びかけたのです。西ドイツでは25%以下にするよう勧告したのですが、そこまで下げることができればもっといいわけです。

25% まで脂肪の比率が下がってくると澱粉が摂取カロリーの50% くらいを占めるようになり、澱粉と一緒に食物繊維もとれるのでかなりの高繊維食になるでしょう。

そして健全な食事のパターンになっていきます。つまりは貧しい国のほうが健全な食事をしていることになるのだが、言い換えればば豊かな国では普通にしていると悪い食事のパターンに陥っていくということです

グラフでは、豊かになるにつれて総脂肪が増えるだけでなく脂肪の内訳も変わっていくことがわかります。分離していない植物性脂肪が減って、分離した脂肪と分離していない動物性脂肪が増えていくのです。
分離していない動物性脂肪が増えるのは肉を多く食べるようになることを意味しています。霜降り肉でなくても、肉には分離できないかたちで脂肪がふくまれているから、肉を食べれば脂肪も一緒に食べることになるのです。

場げものや加工食品に使われている植物油のオメガ3 、オメガ6 比は、わが国の場合平均で1/ 5 くらいです。つまり、オメガ6 のほうがオメガ3の5倍も多いということです。

これに対して、魚、豆類、穀類、野菜、海藻から主たる脂肪をとり、油はそれほど使わなかった伝統食のオメガ3、オメガ6 比はどうだったのかというと、オメガ3 の比率のほうが高かったのです。

豊かさがその比率を逆転させて、最も基本の食事のバランスの1つをこわしていっているのです。必須脂肪酸は局所ホルモンともいわれるプロスタグランジンの原料となるものです。プロスタグランジンは細胞レベルでの調整分子で、オメガ3 からつくられるものとオメガ6からつくられるものでは働きが異なります。

そのバランスがとれていることで健康が維持されるのですが、現代人の食事はオメガ6 過剰になって大きくバランスをこわし、さまざまな疾病を生み出していると、博士は行っています。

害の多い揚げ物料理 食材の常識の行っている意味がよくわかります。
2017/03/22

胃の痛みがあるときは牛乳が効果的

「胃は心を映す鏡」と言われるほど、デリケートな臓器です。心配事があったり、職場や家庭で大きなストレスを受けたりすると、シクシク痛むことも珍しくありません。

ストレスを受けると食物を消化する強い酸性(pH1~2 の塩酸) の胃酸や胃液が、大量に分泌されるため、胃粘膜を刺激して、胃炎を起こしてしまうのです。
さらに、大きなショックを受けた時などは、いきなり胃粘膜や十二指腸に穴が空き、吐血や腸管を通過してタールのようになった便が出るケースも少なくありません。

いわゆる、胃潰瘍や十二指腸潰瘍で、胃酸・胃液が自分の胃や十二指腸の粘膜を消化し、内部組織までえぐってしまう疾患です。ここまでくると、病院で治療を受けることをおすすめしますが、多少、胃が痛むという時などは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品で痛みをやわらげられる場合があります。

乳製品は飲んだり食べたりすると、他の食品に比べて長時間、胃粘膜に付着しています。さらに、胃液を薄める効果があるため、胃酸や胃液からの粘膜への攻撃を防ぐせことができるのです。

ただし、あくまでも一時しのぎに過ぎません。制酸剤などの胃薬のない時の応急処置です。痛みが続く場合は、早めに病院に行きましょう。

ところで、胃の痛みがなかなか治まらない時や、長期的に続いている場合は、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が疑えます。この細菌については、酸性度が高い胃粘膜のなかでも棲息できる細菌で、胃潰瘍では70% 、十二指腸潰瘍ではじつに95 %の人が感染していると言われています。

つまり、胃・十二指腸潰瘍の真犯人とも言える細菌です。現在は除菌法(制酸剤と2種類の抗生物質を朝夕2回、7 日間連続服用) が確立し、胃潰瘍と十二指腸潰瘍治療に関しては、2回まで保険が適応されます。

もし、胃弱体質で、たえず胃の不調に悩まされているという人は、ヘリコバクター・ピロリ菌検査を受けることをおすすめします。

胃がんの原因ピロリ菌の最新除去方法「マヌカハニー」の使用感と効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。